精神の制御をするコツ

医者

気分の高揚に注意

精神的に落ち込む状態になりやすい事ばかりが、心の病というわけではなくて、気分が高揚した状態が続いてしまう病気もあります。気分が高揚しているだけであれば問題は無いのですが、陽気で開放的になった後に突然に気分が落ち込み、怒りっぽくなってしまう躁状態の人も少なくないです。感情を抑えられなくなる事によって、ちょっとした事でもとても嬉しく感じるようになったり、逆に小さな事で怒りが爆発したりする事にもなりかねません。自分が躁状態かもしれないと感じたら、感情をコントロールするために精神科の医師を頼り、心の安定を取り戻してください。躁状態になってしまった人は、睡眠時間が短くなっても辛く感じなくて、自分は元気に満ち溢れていると勘違いしてしまう事もありえます。疲労感や眠気などを実感しにくくなる事で、体調が悪化するまで自分の疲労感に気付けず、急激に体調が悪化する可能性もあるいので注意が必要です。最近になって自分が暴力的になっていると感じたり、食欲や性欲が過剰になっていると感じたりした際には、躁状態か確かめるための検査を受けてください。急に楽観的になってしまい、心の病を恐れなくなってしまうのも躁状態の特長で、精神科などで治療を始めるのが遅れてしまう事もあります。気分が爽快になったり、幸福感に満たされたりする事もあるのが躁状態の特徴なのですが、良い事ばかりではありません。幸せな感情であろうと自制ができなくなり、ギャンブルに勝つ喜びが爆発的に大きくなる事によって、ギャンブル中毒になってしまう事もありえます。ギャンブルをやっている間は幸せなのですが、何もしない時間を過ごしていると、ギャンブルの事しか考えられなくなり、苦痛を感じる事も珍しくないです。幸せな感覚になりやすい躁状態だからこそ、アルコール中毒などの問題が起きやすくなるからこそ、精神科のサポートを受けながら感情を抑制する事をおすすめします。近年の精神科では躁状態の抑制だけでなく、ギャンブルやアルコール中毒の治療も同時に受ける事も可能です。躁状態になる事によって周囲の気持ちを考えられなくなり、他人に遠慮ができない人間になってしまったと悩んで、精神科を頼る人も大勢います。これは自分の性格だから仕方が無いと考えずに、メンタルケアを続けていくだけでも、改善できる症状だと期待をしてください。空腹感などの感覚が制御できなくなり、何も食べなくても大丈夫だと考えてしまうのも、躁状態の危険な症状の一つです。以前と比べて空腹感などの感覚が大きく変化するようになった際にも、精神科に相談をしてみてください。