こころの病気と闘う為に

女性

賢いクリニックの選び方

うつ病かもしれないと病院を受診する患者さんは大きく分けて2つのルートから来院します。1つ目はセルフチェック型です。今ではうつ病など精神疾患についてはインターネットや書籍でも情報が充実しています。特にネットでは簡単に確認できるうつ病のチェック項目なるものが閲覧できるため、その項目に当てはまっているからという理由で受診をけついする方はとても多くいます。もう一つのルートは他科からの紹介です。内科や神経内科、耳鼻科等を受診しても決定的な病名が診断つかず、医師の判断で精神科領域に紹介される場合があります。紹介状の持参の有無に関わらず、精神科を受診する場合は予約の可否もありますのでまずクリニックへ問い合わせをすると受診がスムーズです。疑わしい病気が躁状態と抑鬱状態が交互に出る双極性障害の場合、特に躁状態の時は気持ちが晴れているので受診する必要はないのではと軽視されてしまいますがそれは間違いです。気持ちが高揚していても、多弁や多動で心身は疲弊し、抗うつ剤の投薬が必要な状況である可能性も否めません。そのような時は、家族等周囲の人が積極的に受診を勧めたり付き添いを行う、代わりに病院を申し込んだりする等サポートを行うと良いでしょう。うつ病の専門と言えば精神科ですが、今では心療内科やメンタルクリニックなど様々な名称で標榜するクリニックを見かけるようになりました。精神科領域の病院を受診するにあたってどの病院を選べば良いのかというのは一番はじめにぶつかる壁ですので、あらかじめそれぞれの特徴を知っておくと良いでしょう。基本的には病院名は独自に決定できる為、精神科とはこう、心療内科とはこう。というような厳しい縛りはないのです。強いて言えば、精神科とは心の病気をベースに、それに伴って現れる身体的症状にアプローチする病院。心療内科とは身体の不調にアプローチするがその不調の原因は精神的なものという違いです。通常の内科にも呼吸器を得意とする医師や元血液内科の医師等、得手不得手があるように、精神科も医師による特徴はありますので、下調べも大切です。双極性障害のように抑鬱状態と躁状態を繰り返す病気は、そのサイクルや躁状態の時の様子まで長期間にわたって経過を診てもらう必要があります。有名医である事や人気のクリニックである事だけに囚われず、通院先を選ぶ際は自分が通いやすい場所である事や医師との相性なども考慮して決定すると良いでしょう。また、受診先は簡単に変えず、理由あって転院する場合は紹介状を書いてもらうよう医師に打診するのが大切です。