双極性障害の特徴を確認

ハート

病院に行く目的

うつ病といえば気分が落ち込み何も手に付かないような状態が、長く続くという症状をイメージする人が多いでしょう。一般的な症状はこのような状態が続きますが、いくつかあるうつ病の1つ「双極性障害」は、躁状態が一定期間続くのが特徴的です。双極性障害とは従来のうつ病のように気分が落ち込む期間と、明るくハイテンションになる躁状態が交互に訪れるタイプのうつ病です。躁状態になると度を越して元気で明るくなるのが特徴で、眠らずに深夜や早朝でも家族や友人に電話をかけるなどの症状が現れます。また気持ちが大きくなり何でもすぐに決断してしまうのも特徴で、高額なローンを組んで大きな買い物をしたり、上司と激しく喧嘩したりするというケースも少なくありません。このような状態が続いた後に悲哀感や絶望感が強くなる、疲労を強く感じるといったうつ状態となるのが双極性障害です。より深刻なのはうつ状態より躁状態と言われており、家族や友人、職場の人などは患者の言動に振り回されます。患者本人も躁状態になっているときに起こしたトラブルを、うつ状態になってから事の重大さに気づき悩みます。患者本人はもちろん周囲の人も悩みや負担を抱えてしまう双極性障害は、適切な治療を受けて症状を軽減することが必要です。躁状態で周囲とトラブルを起こしやすい双極性障害かもしれないと感じたら、まずは病院を受診して診察を受けてみましょう。もし双極性障害という診断を受けた場合は、必要な治療を受けて症状を軽減、または寛解まで持って行くことが可能です。病院を受診しなければ躁状態のとき、周囲に迷惑をかけてしまうことが続き、場合によっては孤立してしまう危険性があります。多額の借金をしたり離婚をしたりする、女性の場合は育児を放棄するケースもあり、躁状態のときには大切なものを失ってしまうことが多いのです。家庭生活や社会生活をより安定して暮らしやすくするためにも、まずは病院を受診して治療を初める必要があります。双極性障害の治療の基本は薬物療法と精神療法がメインとなりますが、病院によっては認知療法、通電療法など様々な治療を併用して行うケースがあるようです。双極性障害の治療で処方される薬は気分を安定する作用のものが主流で、気持ちが落ち込むうつ状態だけでなく、躁状態のときにも効き目があります。全く症状が異なるうつと躁ですが、どちらも気持ちが大きく上下に乱れているような状態ですので、同じ気分を安定させる薬で症状を軽減できるのです。何となく精神科や心療内科を受診することに抵抗を感じている人もいるかもしれませんが、周囲や自分を守るためにも双極性障害は治療を受けるべきです。