こころの病気と闘う為に

女性

精神科もしくは心療内科を受診する場合は、あらかじめ予約の可否など問い合わせてから受診すると良いです。双極性障害の場合、抑鬱状態も躁状態も長いスパンで治療が必要な為、なるべく通いやすく医師とも相性のよいクリニックを選ぶようにしましょう。

詳しく見る

精神の制御をするコツ

医者

幸せな気持ちになれるのが躁状態の特徴なのですが、幸せな感覚が制御しにくくなる事によって、ギャンブル中毒などに悩まされる場合もあります。躁状態の反動で気分が落ち込んでしまうようになったら、精神科の医師を頼ってください。

詳しく見る

サイクルの長さが異なる

カウンセリング

躁状態は、単に気分がいいというだけでなく、周囲から見れば常識的ではない行動が目立ちます。しかし、本人の自覚がないため受診が遅れがちな上、正確な診断名がつくまでに時間を要します。診断後は、早期に受容と理解をするが回復への早道です。

詳しく見る

双極性障害の特徴を確認

ハート

うつ病にはずっと気持ちが落ちこむものと、躁状態とを繰り返す双極性障害という種類もあります。双極性障害は周囲とトラブルを起こしやすいので、治療を受けて症状を緩和することが必要です。治療は薬物治療や精神療法がメインとなります。

詳しく見る

自分を責める人は要注意

ハートと聴診器

周囲との接し方

何か失敗をするたびに自分を責めてしまったり、仕事を上手くこなせない自分に腹が立って仕方がないという人ほど、精神疾患を患いやすくなります。失敗をしてしまったからといって、すぐに自分を責めようとするのではなく、失敗を繰り返さないための対策に、時間を割くべきだと考える事が重要です。普段から気分が高揚している事が多くて、十分に元気があると考えてしまう躁状態になりやすい人も、精神疾患を患う確率が高くなってしまいます。躁状態になると疲労感に鈍感になってしまい、疲れているにもかかわらず遊び続けてしまったり、仕事を続ける事で心身に疲労を溜め込む事になります。自分の疲労感に気付けないまま、仕事を続ける事にならないためにも、定期的に仕事の休憩時間を用意する事を忘れないでください。栄養が不足している状態が続いてしまうと、脳内の神経の働きにも異常が出やすくなり、精神疾患を患いやすい身体になってしまいます。普段から栄養バランスが悪い食事ばかり口にしていると、精神疾患だけでなく内臓にも負担をかけて、いくつもの病気を発症する事になりかねません。躁状態になると空腹感にも鈍感になって、食事を口にするのを忘れてしまったり、食事の回数が減る事も多いので気を付けてください。近くに精神疾患に苦しんでいる人がいるのなら、その人に仕事を強引にやらせたり、プレッシャーをかけたりするような事を言うのは厳禁です。強引に仕事を任せてしまう事によって、精神疾患の症状が悪化してしまって、精神科に入院する必要があるほど、心身が弱る事になりかねません。躁状態になってしまっている人は、自身の疲労感に気付きにくいせいで、仕事で無茶をして精神疾患が悪化してしまう事もあります。元気そうだからといって無茶をさせるような事はせず、躁状態を患っている方々が、ちゃんと休憩を取っているのか確認してあげる事も重要です。家族同士だからといって家事をいくつも任せてしまい、精神的な疲労感を溜め込ませる事にならないよう、相手に負担をかけない事を心がけてください。一人だけ休んでいる事を悪いと感じて、相手が自分を責めてしまわないように、心のケアをしてあげる事を推奨します。躁状態になりやすい人が家族にいるのなら、気分が高揚した反動で突然に元気が無くなってしまう事もありえるので、気分の浮き沈みにも気付いてあげてください。そろそろ気分が沈んでしまうかもしれないと考えて、休憩をとるタイミングを決めてあげたりと、周囲が躁状態の人をサポートしやすい環境を作らなければいけません。